2017.06.17   |   Review

MacBook 12inch が重いから iPad Pro 10.5inch を買ってみた


新しいiPad Pro買いました!
10.5inchの64GBモデルと、純正のSmartKeyboard(US配列)です。
(あとブルーライトカットの液晶保護フィルムも)

Apple Pencilも合わせてほしかったのですが10万円超えてしまうので一旦保見送りました。
欲しくなったらまた買うかもしれません。

なぜ買ったか

買った一番の理由はMacBookが重いからです。
12inchのMacBookなので、ノートパソコンとしてはかなり軽い部類なのですが、
それでも常時持ち歩くのは躊躇われる重さ&かさばり具合です。
そこでより軽いタブレットがないか軽く物色していたのですが、
ちょうどいいタイミングで新しいiPadが出ました。

なんと470gとMacBook(920g)の半分の重さです。
専用のキーボードカバーを付けたとしても720g。
コミック1冊分くらいは軽くなりますね。


並べてみるとこんな感じ。
一回りほど小さくなるので携帯性もグッと上がりました。
MacBookの場合持ち歩くには横幅があるので鞄を選ぶ必要ありますが、
iPadだと小さめの鞄でもすっぽり入るのがいい感じです。

使いみち

iPadだとMacBookのようにがっつりコーディングみたいなことは出来ません。
なのになぜiPadにしたかというと、ミーティングとかで便利そうだからです。
Web上の資料(QiitaTeam)やコードを見ながらMTGすることがままあるのですが、
そういったときにスマホだと見づらいし、ノートパソコンだと重いし広げる場所取ってしまいます。
タブレットであれば立ちながら行う軽いMTGでもサッと使えるので欲しいなと思っていました。


あと買う直前まで知らなかったのですが、iPadだとマルチタスク簡単にできるんですね。
家電量販店で実機触って検討してたときに、店員さんがおもむろにメモ帳アプリを脇に起動してくれて、やばい便利だ買おう!ってなりました。
端からスワイプするだけで画面分割したアプリが起動するの素晴らしいですね。
TwitterやSlackの確認とかも捗りそうです。

あとは単純にスペックが良いのでゲームや、この前発表されたARKitなんかでも遊んだりしてみたいです。
スマホと違って発熱やバッテリーを気にすることなくサクサク動くのは強いです。
iPod Touch(5th)は酷かった…。

SSHとかリモートデスクトップとかのアプリもあるみたいなので、開発用途でも活用できないか探ってる最中です。
おすすめアプリあれば是非教えて欲しいお気持ち。
スマホはAndroidなのでアプリ全然詳しくないです。

キーボードカバー


最後にキーボードカバーについても触れときます。
買ったのはUS配列の方のカバーです。
もともとJIS派でしたが、KinesisがUS配列だったのでそっちに統一することにしています。
なにより使わないひらがなの刻印が一切無いのは良いですね。
ちなみに日本語英語の切り替えは左下の地球マークで行なえます。
JIS配列だと英数、かなキーがあるのでトグルすることなく切り替えられますが、
US配列だとトグル動作なので打ってみないと今どっちか分かりづらいという欠点はあります。

キーボードの打ちやすさは割と悪くないです。
ストロークがあるので、MacBookのペチペチしたキーボードよりはちゃんと入力できる感じがあります。
ただホームポジションが崩れやすいのでそれによるTypoはそこそこ発生してます。

あとカバー閉じた状態からキーボード出すまでがちょっと手間です。
キーボードをくるっと1回転しなきゃいけないので、数文字打つだけとかだとバーチャルキーボードのが楽だったり。

おわり

明日から仕事で早速使ってみようと思います。
いろいろ捗りそうで楽しみです。