Pythonで日付出力の0埋めを取り除くメモ

Pythonのdatetimeでstrftimeをした時の0埋めを回避する方法です。

strftimeのドキュメント
http://docs.python.jp/3/library/datetime.html#strftime-and-strptime-behavior
を見てもらえば分かりますが、0埋めを無くして日付や時刻を出力する方法が載ってません。

0を出力してあとから削るというのもスマートじゃないですよね。

0詰めするスマートな方法

見つけた正しい解決策がこちら。

from datetime import datetime
dt = datetime.fromtimestamp(0)
dt.strftime('%Y/%-m/%-d %-H:%-M')

# >>> '1970/1/1 0:0'

このように0埋めされるディレクティブに対し、「-」を付けてあげることで0を詰めて表示できるみたいです。
Cの実装に依存するみたいなので動かない環境もあるかもしれませんが、OSX El CapitanとUbuntu 14のCPythonでは問題なく動きました。

参考

http://stackoverflow.com/questions/9525944/python-datetime-formatting-without-zero-padding

Wed, 11 May 2016 07:02:17 +0000   |   Category:Python

関連記事

About Me

kimihiro-n

Androidアプリを中心にいろいろアプリ作ってます。
T N G

Products

放課後アプリ部
放課後アプリ部
個人アプリ開発者のための集客プラットフォーム作りました。 AndroidやiOSアプリのダウンロード数増加を無料で手伝います!

最速のJSON可視化・解析ツール
JSONを使った開発をスムーズにするためのツールです。 特定の値までのパスを簡単に取れます。
過去に作ったiOSアプリ
明日から本気出すタスク管理 for iOS
過去に作ったAndroidアプリ
明日から本気出すタスク管理 for Android Nagareboshi taplight
Others..

Search Articles