2019.10.06   |   Memo

既成キーボードのキースイッチを交換してみた

メカニカルキーボードの青軸を静音赤軸へ改造したよという小話。

究極のキーボード、Ultimate Hacking Keyboardが届いた

上の記事でも書いたようにUltimate Hacking Keyboard(UHK)というキーボードを普段仕事で使っています。
(先日Mint60を自作したりもしましたがこちらは家用に使ってます。)

このキーボード、購入時好きな軸を選べるのですが、うかつに青軸にしたばかりに結構カチャ付きます。
普段の業務中はガヤガヤ感に紛れて気にならないのですが、オフィスに人が少ないタイミングだと結構音が響くような気がしていてタイプしずらいです。
Mint60は赤軸で作ったので静かなので入れ替えも考えましたが、機能的にも(見た目的にも)UHKの方をオフィスで使いたいです。
もうすぐ拡張パーツも完成するとかで、なおのことUHKの優位性が高いです。
いっそもう一台…とも考えましたが費用的に断念しました。

打鍵音を抑える工夫として、静音化リング入れる、金属製のキーキャップを使うみたいなこともしてみました。

  • 静音化リング → 効果微妙、キーの軽快さが失われてしまったので除去
  • 金属キーキャップ → わりと効果あり、見た目いかつい、金属キーキャップ入手困難

結果としては上記のような感じで完全解決まで至りませんでした。

キースイッチを改造して取り替える

オーダーするときに選べるのであれば、完成後に軸交換することも不可能ではないだろうと思い改造にチャレンジしてみました。
はんだのつけ外しは自作キーボードで練習しましたし。

調べてみたところ分解ガイドがUHKの公式ページにありました

https://ultimatehackingkeyboard.com/modding-and-repair/uhk60-disassembly

万一接触不良などでキーが動かなくなったときこの方法で分解して修理するためのガイドみたいです。
分解したとしても2年保証は継続するとのこと… 強い…!
改造目的で分解した場合はどうなるかわかりませんが。
とりあえずこのガイドに従えば軸の交換問題なさそうです。

分解し終えたのがこちら。
ネジ外して、カバーパチパチ外して、またネジ外してみたいなのすれば簡単に基板がとりだせました。
あとは自作キーボードと同じようにキースイッチを交換してくだけです。

キースイッチの取替はこの辺の動画を観ながらやりました。

  • 少し高めのはんだごてをあてて溶かす
  • ハンダ吸い取り器でシュッとはんだを吸い取る
  • キースイッチの上方向からドライバーを入れて少し浮かせる
  • 下方向からもドライバーを入れて浮かせる
  • キースイッチをつまんで外す

という流れで外せます。
文字にすると簡単ですが、各工程が非常に難しかったです。
はんだを完全に除去しきれなかったり、うまくキースイッチを浮かせることが出来なかったり…。
最初はキースイッチを破損させながら無理やり取ったりしてました。
ただ数こなしてるうちに及第点くらいの取り外しスキルが身につきました。もう何も怖くない。

コツとしては
溶けはじめてから少し待って吸い取る
広い方のピンは余白広い方にコテを突っ込んで加熱する
あらかた取れてきたら基板側のほうだけを加熱する
手強いのはハンダ吸い取り線もつかう
上下隣接するキーキャップは外しとく
既存のキースイッチは再利用できないくらいの気概で望む
あたりです。

金属製のキープレートだと、仮にはんだがついてなくても取り外し難しいですね。
Mint60はプラスチックのキープレートだったので取り外し簡単でしたが。

ところどころ青軸残してるのは予算の関係ではなくわざとです。
使用頻度低いキーだけカチカチ感を残してます。

一通りキーを剥がしたらあとは新しいキースイッチを植えてくだけです。
こちらは自作キーボードでも散々やったので楽しいステップでした。

新しいキースイッチは秋葉原にある遊舎工房で調達してきました。
お店で扱っているキースイッチが全部1つのキーボードに実装されていて、キーを押すとその情報がiPadに表示されるという面白いデバイスを使って購入が出来ます。
色々試し打ちしてみて、Gateron の静音赤軸のキーが軽くて気に入りました。
静音モデルなので音の心配もなさそうです。

全部植えて分解の逆の手順を踏めば完成です!
Mint60のキーキャップもあわせて組み替えてみました。
「F」と「J」だけ金属製のキーキャップを使って手触り変えてます。
ホームポジション探しやすくて便利。
(本当は白と黒でフォントや質感まで統一したいですが探すの難しい…。)


改造に失敗してUHK使えなくなったらショックでかいなと思ってましたが無事手術成功してよかったです。
より究極のキーボードに近づいた感じがあります。
あとは拡張モジュールさえくれば完全体に…。